民商と一緒ならできる

納税の猶予について

滞納税について、税務当局から差し押さえを受ける心配がなく、分納については原則1年(最大2年)、換価の猶予に移行することで最大4年間分納できる。

換価の猶予について

換価処分(公売)が禁止され、原則1年(最大2年)まで分納できる。

滞納処分の停止について

滞納処分の停止期間中は、新たな差し押さえなど滞納処分を行われることがない。
納税する義務もない。